Storage battery business

蓄電池システム事業

HOME | 蓄電池システム事業

蓄電池とは?

蓄電池の説明

 

蓄電池とは、充電することによって電気エネルギーを蓄えておき、必要に応じて電気エネルギーを取り出す事ができる電池です。

2次電池、バッテリー、充電式電池とも呼ばれます。蓄電池には専用の充電器が必要となりますから、使い捨ての電池に比べると初期費用は掛かりますが、繰り返し充電が可能なので、長い目でみれば経済的な電池と言えます。身近なところでは、携帯電話や車、ノートパソコンのバッテリー等に蓄電池が使われています。
 
蓄電池には、電気エネルギーを化学エネルギーに変換して保存する充電と、逆に保存しておいた化学エネルギーから電気エネルギーを作りだし使用する放電という2つの働きがあります。原発事故を受けて、夏場の電力不足が問題とされている中、停電等の緊急事態に備えて、家庭や職場での電力を確保しようとする動きが高まっています。 そんな中、家庭や職場の電力源として、今もっとも期待されている設備の一つが蓄電池なのです。電気を貯めておいて、貯めた電気を必要なときに必要な分使うことができるものを蓄電池と言います。
 
仕組みとしては簡単で、充電池や自動車のバッテリーと同じです。 蓄電池内の電気が無くなった場合は、家庭のコンセント等から充電します。家庭のコンセント等から充電する形で蓄電池を単体で使用することもあれば、太陽光発電システムと連携し、太陽光発電によって創った電気を蓄電池に貯めて使用することもできます。停電時等に備え、蓄電池で電力を蓄えておけば、とても安心です。災害時に自給自足できる設備として太陽光発電とともに注目されており、もしもの時にも、照明・テレビ等を様々な電化製品に利用することができます。


蓄電池の種類

蓄電池種類1
蓄電池種類2
蓄電池種類3

電池の種類

電池を大きく分類すると、「1次電池」、「2次電池」、「太陽電池」、「燃料電池」の4つに分けることができます。 1次電池というのは、家電店などで販売されている使い切りの電池のことで、蓄電池はこの内の2次電池に該当します。

アイコン
1次電池

使い捨て電池の事です。
マンガン乾電池やニッケル系1次電池などの乾電池と、リチウム電池、ボタン電池が1次電池にあたります。
1次電池は充電することができず、すべて使い切りとなります。

アイコン
2次電池

充電して繰り返し使える電池の事です。専用の充電器が必要となります。
ニカド電池やニッケル水素電池、リチウムイオン電池といった小型2次電池と、鉛蓄電池、アルカリ蓄電池が2次電池です。

アイコン
太陽電池

光エネルギーを直接電力に変換する機器のことです。
太陽電池自体には2次電池の様な蓄電能力はなく、受けた光を即時に電力として出力します。

アイコン
燃料電池

燃料電池は、水素と酸素を供給することで電気を作り続ける発電装置です。
2次電池のような充電は必要ありませんが、燃料となる水素と酸素を供給しなければなりません。