Solar power generation business

太陽光発電事業

HOME | 太陽光発電事業
太陽光発電システムの仕組み

「日本の全ての屋根に太陽光を」が国のスローガン

 売電価格が年々下がっていくことが予想されていますので、今が一番買い時なのです。

太陽光は屋根に太陽電池を取り付け、太陽の光で電気をつくります。つくった電気は実際にご家庭で使用して、使いきれずに余った電気は電力会社が買い取ってくれます。災害で停電になった時でも太陽が照っていれば電気を使うことができます。環境にやさしく、経済的にも嬉しいシステムです。
 

太陽電池モジュール(シリコン半導体など)へ光が当たると電気が発生する現象を利用し、太陽の光エネルギーを直接電気に変える発電方法です。


太陽光発電の仕組み

太陽の光エネルギーを電気エネルギー(直流電力)に変換します。

接続箱

太陽電池モジュールから配線されている複数のケーブルをまとめてパワーコンディショナーに接続します。

パワーコンディショナー

太陽電池モジュールで発電した直流電力を家庭で使える交流電力に変換します。

モニター

発電状況・使用状況を視覚的に表示します。様々なモードに切り替えて見ることができます。

アイコン
電気代が安くなる!光熱費を年間で80%以上削減できることも!!

載せることができるパネルの量にもよりますが、大幅な光熱費の削減が見込めます。

アイコン
発電した電気を使用し、余った電力は売電可能

昼間、使わなかった電力を電力会社へ売ることができます(売電)
 

余剰電力について
 

アイコン
削減された事例

例えば、4人家族で月々の電気代が30,000円の場合、4kWhの太陽光を導入すると約14,000円の削減になります。