株式会社ライズコーポレーションは、太陽光発電システム・蓄電池総合販売会社です。
【日本住宅性能検査協会】太陽光発電アドバイザー - 登録番号1420007
宅建免許番号 大阪府知事(1)第58659号  国土交通大臣許可(般-27)第25757号

Our Business

事業紹介

ソーラーシェアリングについて


ソーラーシェアリングとは何か?といいますと、農地の上に、藤棚のようにパネルを設置して作物への最適な太陽光量を保ちつつ、発電する。すなわち太陽光を作物が生育に必要な分とそうでない分を発電とで分け合うというものです。

平成25年4月1日農水省はホームページ上でソーラーシェアリングに関する指針を公表しました。

これにより、正しい設置方法によるソーラーシェアリングが正式に承認されるものとなりました。(農水省での名称は、「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等につての農地転用許可制度上の取り扱いについて」となっています)

ソーラーシェアリングの設置条件としては、支柱部分が転用に当たるため農地転用許可の申請が必要となりますが、1種および甲種農地についても遮光率や設置前の作物の耕作の継続等を条件に、正しいソーラーシェアリングであれば特例的に転用を認めるとするものです。
転用手続きは必要となりますが、ソーラーシェアリングが正式に認められたという大きな一歩であると思います。

農水省の指針 支柱を立てて営農を継続する太陽光設備等についての農地転用制度上の取り扱いについて
Adobe Acrobat ドキュメント [112.6 KB] [ダウンロード]

「ソーラーシェアリング」の最も重要な点は、これが農家の新たな収入源にもなる事です。農家が農地1反(約 1000平米)あたりで得られる収入は年間6~10万円程度ですが、「ソーラーシェアリング」では同じ面積で100万円にもなります。つまり農家は電力料 金という安定した収入を得ながら、新しい品種に取り組んだり、経営を多角化することができます。それが可能であれば、農家の自給率低下の解消も夢ではあり ません。
農地に太陽光パネルを設置すると農地として認められなくなり税金の優遇策がなくなるのではないかとの不安もありますが、地面が耕作可能な状態であれば農地と認められ、農地転用の必要もありません。

日本で使用される電力量をすべて太陽光発電で賄うには、現在の発電効率で凡そ100万ヘクタール(100キ ロ四方)の農地が必要す。これをソーラーシェアリング(仮にソーラー1:農地2の割合として)で行うその3倍の面積300万ヘクタールということになりま す。現在、日本全体の農地は約460万ヘクタール(最盛期は約600万ヘクタールだった)なので、現状の技術でも農地だけで全ての電力を賄える計算にな り、可能性は大きいといえるでしょう。

この仕組みの良いところは、新たな技術的な課題がないことで、7月の固定価格買取制が実施されれば、農家が1反あたり250万円程度の設置費用を負担または借入できれば直ぐに始められることだ。

課 題としては、対象が農地であるため、送電線がない場所では新たに設置をする必要があること。国内メーカーの家庭用太陽光パネルは、住宅の屋根での設置を前 提としているため農地では保証が受けられないこと(このため、長島氏の実証2号機は中国製のパネルを使用)、また設置のための補助金は屋根に設置すること を想定しているため農地は対象にならないことがある。しかし、農業への膨大な補助金を考えれば、農家の自立にもつながるこの仕組みを政策的に進める利点も あるのではないだろうか。自然エネルギーへの転換イメージが具体的に描けることも、この仕組みの魅力と言えます。


株式会社ライズコーポレーション
〒544-0013大阪市生野区巽中1丁目2-5 フリーダイヤル:0120-7100-56